忍者ブログ

青い夜風

消え行く寝台、夜行列車をメインに旅全般に・・・のはずが   夜行列車や魅力ある列車が思った以上に早く廃止され最近は違う方向に走り出し迷走中w 単なる戯言なども適当に。

[191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トワイライトのアーカイブ(自分なりの)

 寝台特急「富士、はやぶさ」の時ほどでは無いにしろ、トワイライトエクスプレスもほどほどに撮ってましたよハイ。
神奈川から日本海側まで行かないといけないので簡単にはいきません。
なのでそんなにはありませんが。

そして、せっかく写真撮っても、もったいぶって・・・・と言うより単に面倒なのであげていなかった感じですが
もう撮りにいけそうもないのでまとめてあげてみますかね・・・


これは若干ダイヤが乱れて間一髪被りギリギリ。
地元の方の話によると本来は被るダイヤではないとのこと。結果オーライでした。
18時半位の通過なので真夏しか撮れない場所です。


こっちは上りです。定番アングルですね、ハイ。


そして糸魚川の鉄橋を渡るトワイライト。
正直手前のネットが邪魔ですが、引いて後ろも山の入れたかったのでどうしようもありませんでしたw
なるべく目立たないようにはしたつもりですがこれが限界。


ここも場所自体は割と有名な場所ですが、架線柱に編成を被らせないように撮った結果、本当の本当に前後ともギリギリだった場所。
ここでのこの撮り方は正直お勧めできないw

北海道でも一応撮ってきました。その時基本「乗り」がメインだったのでこんな感じ。
こっちは下り。駅撮り。


そして上り。
レンタカー返却時間が迫っていたのでハラハラしながらの撮影。
ついでに雪解けのシーズンで半端な服装で行った為寒かったですw

ついでに前にあげた写真ですが、今度は若干大きめのjpegにしてあります。
自分のかなりお気に入り画像。
撮影場所自体は割とメジャーですが、広角でこのアングルで撮る事はあまり無いと思うので満足。

こっちは太陽の高さが合えば完璧だったのですが、しょっちゅうは行かれないのでこれで妥協。
まぁ写真自体は悪いものではなかったので。

ちなみに太陽の高さがあうとこんな感じ。
全車両北越急行仕様の特急「はくたか」なのでこれはこれで貴重かも。


しかし北斗星も含めて今回運行終了になってしまい
ワクワクハラハラしながら寝台特急を撮る事が出来なくなるのはやはり寂しいものです・・・
ちょっと大井川や磐越西線のSL撮影にでも手を出してみるかな?

といいつつ最近はある方面のポトレを撮り始めてる模様w
(寝台特急ほぼ全滅だしな)
EOS6Dなら万能に使えるので助かる

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トワイライトアルバム拝見

Xero"さんのトワイライトエクスプレスアルバムを拝見しました。

信越線は鯨波でのお写真はすばらしいです。
波穏やかな日本海バックのトワイライトの姿は、
沿線随一の景観のよさを誇るだけに、
乗客の喜びまで伝わってくるようです。
スシの屋根のディテールが編成のアクセントですね。

糸魚川でも、すっきりとした鉄橋でのポイントがあるのですね。
前後がギリギリということですが、
Xero"さんマジック?のため、そのようには感じません。

日本海が金色にかがやいている一枚も秀逸です。
まさにトワイライトそのもの・・・
編成写真も好きだけれど、こういう情景写真も大好きです。
光の帯が機関車の方向を向いているのもすてきです。

さらには北海道での姿も重連の機関車が力強く、
特別な列車の雰囲気が充満しております。
北海道らしい、切通しの思い切った構図が気持ちよいです。
編成の最後まで望まれるものさすがXero"さんのテクニックだなあと思いました。

  • やぶお
  • URL
  • 2015/03/05(Thu)18:15:57
  • 編集

どうもいつも返信ありがとうございます

いつも過度のお言葉ありがとうございます。
鯨波は定番と言えば定番の場所ですが、めったに行けない場所だとどうしても守りに入ってしまいますね。
その中で独自の場所やアングルを見つけた時は儲けた気分になりますね。
夕日の場面はみんなアップ気味で狙っているところを広角で撮って正解でした。
夕日は誰が撮ってとりあえず絵になると思いますw
断面自体が違う「スシ」はやっぱり正面アップでもどこからでも目立ちますね。

倶利伽羅付近のものは、架線柱一本被る撮り方なら楽勝なのですが、全く被らないようにすると本当に・・・
ちょっとでも後ろだと柱に中途半端に被り、ちょっとでも前だと機関車で編成全部隠れてしまいます。
しかもこのアングルでも直流区間ならパンタはみだしますね。
まぁマジックと言う程のものではないですがw先行列車で確認して距離を計った感じです。

本当は北海道でももっと撮りたかったですが、さすがに簡単にはいきませんねぇ・・
あの切り通しは構図自体は簡単ですよ~、揺れる橋の上から手持ちで撮ると言う事の方が大変でしたw
  • Xero"
  • 2015/03/11(Wed)00:38:26
  • 編集

あと半年・・・(北斗星、カシオペア) HOME はくたか・・・何か地味な存在

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Xero
性別:
非公開
自己紹介:
鉄に見えない鉄を目指しますw
・・・が最近迷走中。

TwitterのID
「one_xero」
フォローはご自由にw

メールはこちら
mebius_zero○hotmail.com
(○を@に変えて下さい)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe