忍者ブログ

青い夜風

消え行く寝台、夜行列車をメインに旅全般に・・・のはずが   夜行列車や魅力ある列車が思った以上に早く廃止され最近は違う方向に走り出し迷走中w 単なる戯言なども適当に。

[148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぶりっとタン壊れる

GWは清里に行って来ました。
趣向はかなり変わりますが、目的地まで鉄道、現地でレンタカーと言う混雑を避けた王道パターンです。
(一人だと意味ないが、3人、4人だとレンタカーは結構お得)

小淵沢までの往復は節約しつつ、「ホリデー快速ビューやなまし」で快適に往復出来る「はず」でしたw
目論見通り、行きは晴天の中のんびりしたムードで小淵沢に到着、清里まではボックスを確保出来のんびりローカル線の旅となりました。
20081105_215.JPG
(「快速びゅーやまなし」
別の日撮影)





清里に着くと、小海線と共にこの線のみに走るハイブリット気動車に今風のイメージキャラクター「ぶりっとちゃん」なるものが。
早い話が萌え要素の鉄道擬人化とやつですw
20100506_3.JPG
おそらく鉄道会社公認の擬人化キャラは初めてではないか・・・と思う。
しかしこの「ぶりっと」タンことキハE200系が思わぬトラブルを起こす事に。








旅行自体は現地で駅レンタカーを借り、無事最終日に返却しこれから、清里→小淵沢、そこから指定をとってある「ビューやまなし」で都内へと帰るだけとなりましたが、小海線は少々遅れている模様でした。
乗り継ぎには余裕を持って来たので特に問題は無い・・・はずでした。
早めにホームの列の先頭に並んで、列車を待つが何かおかしな雰囲気。
ローカル線体験のツアーが2組も来てなんだか混沌ムード
(正直ツアーの団体でローカル線乗車体験って迷惑なんだが)


どうやら列車は少々どころかかなり遅れているみたい。
駅員や作業員があたふたし、普段ではありえないような雰囲気に。どうやら何かあったようだ。
そして案内放送が・・・

清里ー野辺山間で列車が故障し、坂を上れなくなった。清里まで引き返し構内で入れ替えてしてから運転再開とのことだが・・・どのくらい時間がかかるか見当がつかないとの事。

まじですか?
この時点で予約していた「びゅーやまなし」には間に合わないのだが・・・

このような事は10年に一度あるかないかの事とかで窓口も混乱。
他の交通機関を使おうにも基本小淵沢までの定期バス便などは無く、タクシーは駅の指示待ちと言う状態のようで、こういう便の悪い場所では全てストップしてしまうようでした。
どうにもならない。

しばらくすると故障したキハE200系は姿を現しましたが、駅の数百メートル手前で立ち往生。作業員が乗り込んで恐る恐る走ってやっとホームに到着しても、また立ち往生。エンジンを掛けては停止、掛けては停止の繰り返し。救援の機関車くらいないのかい。合理化で車両数を削りすぎていざと言う時まったく駄目のようだ。
そうしているうちに、ツアーの一組だけがバスを呼び戻したようで引き上げていった。
20100506_1.JPG(これがこわれた「ぶりっと」タン)

しかし残された者は、とにかく代行の交通機関が無いのでどうにもならない。

そして混乱の末に小淵沢に着いたとしても再び混乱が予想され、
更にその後の特急は全て指定席満席との事で、自由席立ちんぼの移動が予想される。
自分だけならともかく、色々あり同行者の事情もありそれではまずい。
(ホリデー快速から特急料金になり、かなりハードになるにも関わらず料金も一人当たり2000円位上がるし尚更良くない)

 

そこで一つの案が。
レンタカーはどうか?
しかし一回お世話になった駅レンタカーの窓口に早速聞きに行くも、予約が一杯とのこと。
GWだし当然ですな~~・・・
一回駅ホームの列に戻ると、代行の交通機関を手配したとかでタクシー乗り場に移動するようにとの指示が・・・
しかし混乱した状況で、一番先に並んでいたのに列の真っ只中に・・・ツアーの団体までいたので混乱に拍車をかけていたのでちょっとイライラ。「ツアーならバスを呼び戻せ」と聞こえるような声でブーたれていました。
その後の案内でバスを2台よこす予定との事ですが、全く来る気配なし。

もう一回思い立ち、混沌の列を飛び出し、清里の駅レンタカーの窓口に行き小淵沢駅の方に空きが無いか聞いて見ると、「大変だったねぇ」といいながら多分一杯だろうけど一応問い合わせてみるとの事。
そこで状況の変化が。

「一台キャンセルが出そうだから(清里から)乗って行っていいよ」との事に。
何度か聞いたりしているうちに窓口のおやじさんが融通を利かせてくれました。
ありがとう!!


JRの乗車券、指定券は即無手数料払い戻しに応じてくれたので(当然ですが)、レンタカーは4人で分配なのでガソリン代、乗り捨て料金込で一人当たり1000円程の追加で済むことに。
なんと言うか「帰り鉄道だから」と言って列車に乗る前に酒など飲んでいたらアウトでしたw

結局清里駅を17時ジャストに出発。
駅前広場にはまだ代行バス(タクシー?)を待つ長蛇の列が・・・
公共交通機関不通、混乱時にレンタカーの乗り捨て制度を使う発想は盲点のようでした。


女性を深夜夜道を歩かせるわけに行かないので(少なくとも自分の管理下ではw)それぞれ家に送り届けから帰宅すると時間は午前1時半頃に。
予想外のドライブになり疲れはしましましたが、割りと楽しかったりも。


駅レンタカーの営業所が少ない為、翌日に結構離れた営業まで借りた車を「返却回送」してそれで本当に終了でした。
最近のJRはフェアーウェイなどの安くて使える列車を廃止にしたり、地方でも詰め込み形の輸送になり、やたら新型車両にする割には全くサービス向上していなかったり(むしろ低下、特に東日本と東海)、夜行もなくなり長距離移動は新幹線のみで選択肢がなかったりで、明らかに鉄道の魅力が無くなっていると感じます。
何人かで出掛ける時は車の方が安く上がってよさそうです。

そしてオチは「ぶりっと」タンはどじっ子どころかご臨終と言う状態だったわけです。
1025koumi.JPG(こっちはブリットたんでは無いノーマル車両。別の日撮影)

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

葬式鉄を避ける? HOME ちょい鉄その2

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Xero
性別:
非公開
自己紹介:
鉄に見えない鉄を目指しますw
・・・が最近迷走中。

TwitterのID
「one_xero」
フォローはご自由にw

メールはこちら
mebius_zero○hotmail.com
(○を@に変えて下さい)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe