忍者ブログ

青い夜風

消え行く寝台、夜行列車をメインに旅全般に・・・のはずが   夜行列車や魅力ある列車が思った以上に早く廃止され最近は違う方向に走り出し迷走中w 単なる戯言なども適当に。

[113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南米後日談2  ぼったくり鉄道ペルーレール

基本的に南米には鉄道は殆ど無く、バスでの移動がメインになります。
しかしクスコからマチュピチュへの道は道路が通じておらず原則鉄道のみとなります。

ですがこれがヒドイぼったくり
オリエント急行の会社が運営してるとかで
114kmの距離で一番安いバックパッカークラスで片道48ドル。
少し上のクラスのビスタドームが片道71ドル。

ペルーの物価は、1000円位でバストイレ付、ドミトリーなら500円前後で宿に泊まれる事を考えれば恐ろしく高い事が分かると思う。
しかもこの車両が高いから豪華かと思えばそんな事は無く、バックパッカークラスは115系等と同等かむしろそれ以下の広さのボックスシートで常に満員状態。駄目押しでスピードは遅いのにとにかく揺れる!
もう、バネは貨物用のものを使っているとしか思えないくらい揺れる。
エアコンもありません。

そんな列車ですが、外国からの予約の場合半年前から予約が基本だそうだ。

結構直前に南米へは行くことになったのですが「現地枠もあるはず!」と前日に行ったら切符を取れましたがそんなものですねwでも乗ってみたら満員だったので運が良かっただけかも?
(安い現地人向けの列車は外国人乗車不可になっています、それで十分だったのに・・・)


ついでに一応撮り鉄はしておきましたがw
「べ、別に撮りたくて撮ったんじゃないんだからね!」


20090825m3t.jpg既出のマチュピチュと絡めた写真。
落差400mなので車両なんて見えませんw





20091010_1_640.jpgこれも落差400m
マチュピチュ遺跡の入場門から遺跡へ行く途中の道から。
低い柵しかなくて結構怖い。








20091010_2_640.jpgそして谷底のアグアスカリエンテス村付近での編成写真
バックパッカークラス
(クラスによって列車自体が違います)





20091019_1_640.jpg車窓はこんな感じ。
(復路は高いビスタドームしか取れなかった、こちらは思ったより揺れなかった)

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

新ボディの演習 HOME 南米後日談 消えた偽札

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Xero
性別:
非公開
自己紹介:
鉄に見えない鉄を目指しますw
・・・が最近迷走中。

TwitterのID
「one_xero」
フォローはご自由にw

メールはこちら
mebius_zero○hotmail.com
(○を@に変えて下さい)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe