忍者ブログ

青い夜風

消え行く寝台、夜行列車をメインに旅全般に・・・のはずが   夜行列車や魅力ある列車が思った以上に早く廃止され最近は違う方向に走り出し迷走中w 単なる戯言なども適当に。

[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サンライズでサプライズ

先週5日に弁天島で2レの写真を撮って来ましたが、まさかのミスの為、どうしても納得いかず無理してリベンジして来ました。3連休の内、土曜仕事だった為、弁天島での撮影は13日(月)となりましたが結果的に正解。
「ミス」と言っても人によっては許容範囲の「若干の後ピン気味」で、WebでUPする程度ではそのままでも影響無いし、シャープネスを強めにかけるか、連写により予定ポイントより前位置で撮ったものをトリミングすれば救える範囲です。

機材は先週のデータで最適な焦点距離が分かったのでそれに合わせたボディと単焦点レンズを用意。
単焦点だとズームと違い架線柱の処理をすると若干左側に空間が出来るがトリミングの範囲も織り込み済み。

そして2レは定刻通りに通過。カマは綺麗な45号機。これだけでも十分の価値あり。


そしてそのわずか2分30秒後に思わぬ来客。そこにいた半数はすでに三脚を撤去済み。自分も撤収しようとカメラに手をかけた瞬間、現地で会話していた方に「サンライズが来た!」と言われ「まさか!」と思って振り向くと橋の向こうから7両単独のサンライズがやって来ました。後に「出雲」の方と判明。「瀬戸」の方は単独で定時運行。
13両の2レ用のセッティングだった為左側が少し余りましたが、ピント、露出、水平は合っているのでトリミングのみで対応出来ます。APS-Hのボディだったので劣化は最小限に。

「弁天島のサンライズ」を撮ることは本来未明通過の為不可能なので撮る方としては思わぬ幸運でした。
現場の方は大変だったかもしれませんが・・・


話は飛んで、これだと節約で年末年始(12/28から8連休)は青春18切符か!?w
どうせ寝台の切符はとれないだろうし、たまには「快速ムーンライト九州」で国鉄の夜行急行の雰囲気を味わうのも悪くない。

写真左_撮り直した2レ
写真右_弁天島でのサンライズ20081013_6645fujibusa.JPG20081013_285izumo.JPG出雲

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

やりましたね!!

Xero"さま、これはこれはすばらしいです。
高い交通費を使って、弁天島まで出かけた成果がありましたね!!
前回の撮影が、「納得がいかず、リベンジ」されたとのこと・・・
Xero"さまの趣味的こだわりに惚れ惚れしてしまいました。

弁天島の2レの通過は朝の6時15分前後・・・
この時間にここに立つには、自家用車で出かけるか、
前に日に浜松に泊まるしかありませんね。
Xero"さまの行動力に脱帽であります。

さて、2レのお写真ですが、
夏の間は鉄橋北側からの撮影が順光でしたが、
この時期になって、南側からが順光となり、
朝日を浴びて上る、夜行列車の魅力的シーンが撮影できましたね。
どんどん日の出が短くなっていますので、
ここでの撮影もあと十数日といったところでありましょうか。リベンジをされた甲斐があったというものですね。

私も弁天島で、このようなシーンを撮影したいと思っていましたが、
Xero"さまから会心の一枚を魅せていただいて、
その必要もなくなりました!!

さらに(サンライズ出雲)のおまけ付とは!!
しかも正真正銘のサンライズの光景・・・
それも東海道きっての景勝地弁天島でとは!!

2レが勇退してしまうと、第三浜名での優等列車撮影はほぼ絶望的になりますので、
お写真は本当に貴重な記録となります。
  • やぶお
  • URL
  • 2008/10/15(Wed)19:29:28
  • 編集

無題

お褒めの言葉ありがとうございます。
しかしこの時期を逃すと今後一切撮影不可能になりますからね。
日がかなり短くなり残された時間は少ないです。

しかし先週はあの場所に降り立つ為に、関西を出発してムーンライトながらで深夜の浜松に降り立ちそのまま撮影地まで歩いて来た人はいたのはびっくりしました。3時間程歩いたようです。

ところであの場所は夏は逆行なのですか。
北側からだと浅瀬に入っていく必要があり、やってみたいとは思いましたが地元で慣れている人でないとやっぱり難しいですね。
なんにせよ完全な状態でリベンジ出来て良かったです。光線状態は前回の方が良かったのですが、贅沢は言えません。

サンライズは前情報無しで行った自分には完全に不意打ちでした。いや漠然と遅れ情報を知っている方でも不意打ちだったようです。exifによると2レの通過から2分30秒後なので、まさかこの短い間隔で寝台が続いて来るとは夢にも思いませんでした。


現地で話して分かった事は、1レ2レ撮影に力を入れてる人は単なる「葬式鉄」では無く本当に寝台列車が好きな人が多い事が救いです。
  • Xero"
  • 2008/10/16(Thu)22:48:23
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

神のタイミング(?) HOME B個室車内

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Xero
性別:
非公開
自己紹介:
鉄に見えない鉄を目指しますw
・・・が最近迷走中。

TwitterのID
「one_xero」
フォローはご自由にw

メールはこちら
mebius_zero○hotmail.com
(○を@に変えて下さい)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe