忍者ブログ

青い夜風

消え行く寝台、夜行列車をメインに旅全般に・・・のはずが   夜行列車や魅力ある列車が思った以上に早く廃止され最近は違う方向に走り出し迷走中w 単なる戯言なども適当に。

[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タジントラップ

モロッコの名物料理と言えば「タジン」・・・と言うよりそればかりになります。 味は香辛料を元にしているインドカレーの亜流みたいな感じでしょうか。それに野菜、肉を独自の特殊な器で煮込んだものです。

ちなみに「日本食」と一口で言っても凄く豊富な種類、料理があり、日本ではその他にも町中にあらゆる種類の店がありますが、それは極めて特殊な話で大抵の国では料理のバリエーションも店の種類も少ないものです。
(ヨーロッパの先進国であっても例外ではない)


カサブランカの様な大都会ならともかく地方に行くと選択肢が殆どありません。
もうタジンばかりになりますw
確かにそれなりに美味しいのですが・・・初めのうちは
この手の食べ物の例に漏れず味が濃いのです。当然飽きてきました。

それでも衛生面が微妙な土地でも長時間煮込んで、器が熱い内にテーブルに出すタジンはある程度の安全性が確保出来るのと言う面もあります。

なので余計に「タジン」三昧。


そしてタジンから逃れようと「サンドイッチ」にすれば・・・中の挽肉がタジン味・・・

パスタにすればソースがタジンっぽい・・・

至る所で「タジントラップ」が発動します。



今は辺境の町ザゴラから地方都市マラケシュまで戻って来ました。ですがもう、大都会のカサブランカに戻るまでは開き直ろうとストレートに今回も「タジン」を注文。
「タジンを食らわば皿まで」。

帰国時飛行機に乗ってモロッコ領空を離れて機内食メニューには
「Beef Stroganoff」などと書かれているのに
何故か「タジン味」と言う対空トラップが追尾してくるかもしれない。

(※生ジュースは結構お得)


そして
・・・
モロッコは元々日本でもエキゾチックなイメージがあり、実際に行けば世界遺産にも指定されるような歴史の重みを感じさせるような町並み、町を出れば雄大な自然が素晴らしく、たっぷり異国情緒に浸れる

・・・

などと言っていられるのは初めの一週間くらいで、色んな意味でイスラム世界独特の息苦しさがたまらん。

イスラム圏では最も戒律、法律、各種決まりも緩い国でこれなのだから・ ・
モロッコもイスラム圏も今回一回限りでいいっすw
そういう事をじかに感じて割り切る事が出来ただけでも収穫かもしれない
(まぁ決して悪い国ではないんですがね)

今回は「やっと、もうすぐ日本に帰れる!」と言う感覚w


やたら開放的で居心地の良い南米の後だから余計そう感じるのかも。
(南米は情報不足とマスコミの誇張、印象操作の為、悪いイメージばかりですが、「実際に行った人」は大抵絶賛します)

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

最終タジントラップ HOME サハラ砂漠

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
Xero
性別:
非公開
自己紹介:
鉄に見えない鉄を目指しますw
・・・が最近迷走中。

TwitterのID
「one_xero」
フォローはご自由にw

メールはこちら
mebius_zero○hotmail.com
(○を@に変えて下さい)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe