忍者ブログ

青い夜風

消え行く寝台、夜行列車をメインに旅全般に・・・のはずが   夜行列車や魅力ある列車が思った以上に早く廃止され最近は違う方向に走り出し迷走中w 単なる戯言なども適当に。

[106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

激! ボリビア国内移動

オルーロの次の目的地ウユニでは結構忙しく動いていたり、その後は僻地の移動滞在でした。
今はアルゼンチン北部のそこそこ都会の「サルタ」です。

さて前回はオルーロからウユニへ移動するところでしたが、
その塩湖で有名なウユニまでの移動は列車の一等車で楽々移動・・・のはずでしたが・・・
座席は思ったより狭く、やはり南米ではバスの方が上のよう。
機関車は砂を巻き上げて走り、窓の隙間から砂が漏れて来て砂まみれに・・・

20090907_1t_640.jpg先頭の機関車は色は違うがどこかで見た形・・・日本製だ!

なんというか列車に乗って砂まみれになったのは初めて。

ボリビ国内の移動は一筋縄ではいかない。



ウユニでは現地で四駆をチャーター・・・
と言うと格好良いが

平たく言えば現地旅行会社で四駆を使ったツアーを申し込み。

ウユニには夜遅く着くので、宿はどうにかなるとして塩湖行きはやはり翌日じゃないと申しこめないか・・・等と思っていたところ、駅を出たところでツアーの勧誘の人に声を掛けられたのでこういう時は渡りに船をばかりに話を聞いてみて頼んでみる事に。


結果的には正解かと。
小規模の旅行会社で勧誘兼、オーナー兼、ガイドで結構面白いオッサンでしたw
で、肝心の塩湖も満喫。
20090907_4e_640.jpg死海などとは違って、うわずみが完全に固まり各ツアーの四駆が爆走しています。
たまに衝突するようですが






20090907_3_640.jpg

(写真は塩湖にしずむ夕日など、機関車の墓場なんてところも)




20090907_2t_640.jpg






20090907_5e_640.jpg







ウユニ塩湖の翌日はアルゼンチンへ向けて移動開始。
首都のラパスからウユニまでは比較的メジャーなルートなのですが、ここからアルゼンチン国境の町ビジャソンへはあまり行く人のいないマイナールート

20090907_6b_640.jpgお世辞にも立派とは言えないバスに乗車。
ここから先は舗装路なんてありません
スタートの数十分をダートを100キロ近くの速度で砂煙を上げて突っ走る。
と言うか、バスでラリー走行をしないでくれと




しばらくすると「ダート」と言ういうのがヌルイくらいの悪路に変わりスピードはだせなくなる。
時に小川をじかに渡り、標高4000以上の峠を越え、湖を小舟に乗せるのなんて序の口と言った雰囲気。
そして途中で次のバスに乗り換え。車体は大きいもののかなりボロボロのバス・・・


そして前以上の悪路で揺れと言うより、しょっちゅう跳ねる跳ねる飛び跳ねる!
途中道路が工事中で迂回路へ誘導・・・が
それは川。
ベネチアやアマゾン川など船を主な交通手段とする場合に「川が道路代わり」と比喩される事もあるが
ここでは文字通り、「川が道路代わり」。
バスは川原だろうが、川の中だろうがずんずん進む。
再び道路に戻っても悪路の為、川を走るのとあまり変わらない


そんな環境で合計10時間程はしりやっと国境の町ビジャソンに辿りつきましたが結構疲れましたw
しかし国境を越えアルゼンチンに入ると一転。

バスは綺麗になり、道路は日本並に平らに舗装されてなんといっても埃っぽくない
あまりにも違いすぎ。

20090907_12_640.jpgアルゼンチン北部のプルママルカと言う地元向けのささやかな観光地のようなところに少し滞在するが5分もあれば全て歩けるような小さな町。七色の地層がポイント。







アルゼンチン名物の巨大ステーキやらをアンデス音楽を聞きながらのんびりすごせるいい場所。
僻地なのでネットカフェは無かったですが


と言う事で今はサルタと言うアルゼンチン北部のそこそこの都会にいます。
これからパラグアイ、ブラジル方面に一気に移動予定。

20090907_7b_640.jpgちなみに南米のバスは大きい、人と比べるとその巨大さがわかる。
(アルゼンチン国内、バス自体はブラジルのマルコポーロ社製が多い)

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

地球の裏の町から(南ブラジル) HOME チチカカ湖を越えてボリビアへ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Xero
性別:
非公開
自己紹介:
鉄に見えない鉄を目指しますw
・・・が最近迷走中。

TwitterのID
「one_xero」
フォローはご自由にw

メールはこちら
mebius_zero○hotmail.com
(○を@に変えて下さい)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析


忍者ブログ [PR]
template by repe